Icon TEL06-6713-6666 Open9:00-18:00
Close日・祝(事前予約にてご対応可能)

無料相談・査定無料相談・査定

LINE

Blogお知らせ・不動産売却情報ブログ

Blog Title

FP継続教育テストを受けました

みなさま、こんにちは。

西都ハウジングの松尾です。

実はファイナンシャルプランナーのなかでもCFP・AFP認定者には、プロフェッショナルとしての能力を保持するために「継続教育」が義務づけられています。

今日はその継続教育として「FPジャーナル4月号」の誌上講座を受講し、継続教育テスト20問に回答しました。

今回の問題テーマを課目別にご紹介すると、

●金融機関が取り扱う認知症対応型金銭信託の現状(金融資産運用設計)

●老朽化マンション問題の最新事情とマンション建替えの動向(不動産運用設計)

●配偶者に万一のことがあった場合の様々な手続きとそのポイント(ライフプランニング)

●外貨建て保険を取り巻く最新事情(リスクと保険)

●医療費控除とセルフメディケーション税制(タックスプランニング)

●成年年齢引き下げに伴う相続税・贈与税への影響(相続・事業承継設計)

となっています。

結果は20問中17点で合格。あまり馴染みのないテーマが多く難しい内容でしたが、とても勉強になりました。

不動産関連では「老朽化マンション問題」

築40年を超える老朽化マンションは2020年末時点で約103万戸あるようですが、10年後には約231万戸、20年後には約404万戸と4倍近くになるそうです。

しかもマンションの経年とともに世帯主の高齢化と非居住化(空き家・賃貸化)が進んでいることが調査で明らかになっています。これにより「マンションの管理・運営に支障をきたし、さらなる老朽化を進める悪循環となってしまっている」そうです。

マンションの老朽化が深刻化した場合、更地にして売却するか、建て替えるということになりますが、区分所有者の賛成が一定以上必要であったり、区分所有者の負担額が増加傾向であったり、ということで話を前に進めるのはとても難しそうです。

空き家問題はすでに社会問題化していますが、老朽化マンションも今後大きな社会問題となりそうですね。

====

 

当社ではファイナンシャルプランナー(CFP認定者)がお客様の対応をしております。

不動産とお金に関することならどんなお悩みでも、まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせは、お問い合わせフォームよりお願いします。

(有)西都ハウジング

一覧に戻る

監修者情報

監修者情報

有限会社西都ハウジング
専任エージェント
松尾 重信

資格・免許
宅地建物取引士
ファイナンシャルプランナー(CFP®認定者)
公認不動産コンサルティングマスター

常に当社の経営方針を念頭に置き、お客様の将来まで考えたプランのご提案を心がけています。どんなお悩みも、誠実にお話を伺う所存です。

トップに戻る